在宅介護ランキング

ずいぶん、ブログをほったらかしにしていた。介護との両立は、できないわけではないけれど、介護疲れで「バタンキュー」だ。パソコンを開く気にもならない。スマホも持っているだけ。私にメールをしてくる友人もいない。電話がかかるのは、施設か介護用品レンタル会社くらい

私は政治には無関心だが、あの人が予想通りに総裁の地位を射止めた。若いころはそんなに無関心ではなかった。いやむしろ、政治を語ることが好きだった。でもこの政権になってから「好きにしやがれ」という投げやりな気持ちになっている。とうぶん、あの方が日本の代表として

不幸にして障がい者になった妻にも人権はある。彼女にも間違いなく生きる権利がある。そんなことは、十分わかっているはずなのに、「じゃあおれの人権はどうなるんだ?」という不満がふつふつと湧いてくる。私たちが、結婚するとき私の両親は反対した。彼女がすでに遺伝病を

↑このページのトップヘ


在宅介護ランキング