在宅介護ランキング

甚大な自然災害に備えることは、西日本の水害を見るにつけ、難しいものだと思う。広島県は、四年前にも線状降水帯による真砂土の土石流でたくさんの犠牲者を出した。その教訓は一部では功を奏したようだが、砂防ダムの建設の及ばなかった場所では同じ被害を被ってしまった。

介護スタッフの入れ替わりが激しい。若い人はすぐ辞めていく。それも男の子がそうだ。女の子は、まあ続くんだけど、やっぱり辞めていく。仕事の内容がきつい。家内が通っているところは、認知症や重度障害のGH(グループホーム)なので、お風呂介助や下の世話が必ずあるし、

「自分を変える」とか「自己啓発」の本が新聞紙面には必ずといっていいほど載っている。「片づけ」「老後のために今やっておく」「お金に見放されない」など、のほほんと生きている私などを煽ってくれる。気にならないわけはない。私もダメな人間で、もっとちゃんと生きたい

↑このページのトップヘ


在宅介護ランキング